トップページ > スタッフブログ > 調理補助員養成科スタートしました!!

調理補助員養成科スタートしました!!

3月24日(火)ついに、短期集中特別訓練「調理補助員養成科」がスタートしました!

これまで、農業の職業訓練や、パソコンの一般向け講座などを開講してきましたが、調理の職業訓練は初挑戦!!
農業で食材を育てることを学んで、実際に調理して食べる、生産から調理・加工までが学校のなかで学べるようになれば良いなという思いから、この訓練の企画が始まりました。

無事に開講できるか、調理室の準備は間に合うのか、講師の先生はどうしよう・・・などなど、不安もありながら準備を進めてきましたがこの日を迎えることができて、嬉しく感じています。

調理補助員養成科-入校式

今回、調理補助員養成科を受講する訓練生は2名。
経験豊富な先生たちから、一ヶ月間と職業訓練にしては短めの期間になりますが、ほぼマンツーマンで知識や技術を習得してもらいます。

講師の先生をご紹介

今回、調理補助員養成科を開講するにあたって、お二人の先生にご協力をいただくことになりました。それぞれ異なる経験をされているので、訓練生にとっても魅力的な授業になるのでは!?

西山先生

西山孝幸先生

まずはじめにご紹介するのは、西山孝幸先生。

鹿児島市内でイタリアンレストランのオーナーシェフをされていた経験を持ち、現在はお客さんの自宅に直接行って、その場で調理し、提供するという独自スタイルのケータリングサービスを行っています。

また、マルヤガーデンズさんで開催中の「まるやの台所」をはじめとした料理教室の講師もご担当されている、現役バリバリの気さくな先生です。

シェフならではのマル秘テクニックや、実際の飲食店でのエピソードなども授業のなかでは教えていただくことができるかも\(^o^)/

西山先生のブログを詳しく見てみたい方はコチラ→2かいのおじさん

山路先生

山路さより先生

続いてご紹介するのは、山路さより先生。

ローカル番組のリポーターを経て野菜果物・食育・地産地消をテーマに講演や料理講習、食に関する販促物等のデザインなどもされています。

大手製薬会社さんで病気予防のためのレシピ制作をはじめとしたコンサルティングを行ったり、野菜ソムリエなどの資格も取得されていたりと、「美味しさに加え、体に良い食」という面からもいろいろなお話が聞けるのでは!?と思っています。

訓練生たちがと~~~っても羨ましい・・・(-_-;)イイナ~

食品衛生管理・食品学・野菜調理実習に奮闘中です

午前中は学科

訓練がスタートしてちょうど1週間。
この間に、学科科目は、安全衛生・食品衛生管理知識・食品学と、どんどん進んできました。

なんといってもこの訓練、訓練期間が1ヶ月間と普段の訓練と違い期間が短いこともあって、ポイントポイントを押さえながら様々なことを勉強していきます。

学科授業

次々と新しいことが出てくるので、訓練生たちは大変じゃないかなと思っていましたが、先生たちの体験談や、経験に基づくエピソードなども交えながらの授業に、教室から笑い声が聞こえてくることもしばしば(^^)
訓練生と先生たちとの距離感も近く、気軽に質問などもできるようで、授業楽しいですよといった声も耳にしました。(*^_^*)ヨカッタ×2

午後は野菜調理実習

野菜達

午後の実習で、現在行っているのが「野菜調理実習」。
野菜の洗い方から、切り方をはじめとした下処理の仕方などを実習を通じて勉強しています。

食材は、なるべく学校の地元の財部で収穫されたものを、たからべきらら館や、きたん市場といった道の駅などで調達。
もう少し暖かくなってくると学校農園で収穫された野菜なども、多く取り入れていくことができるのですが(--;)

私たちスタッフも、日々勉強です。

訓練生も真剣かつ、楽しみながら実習に取り組んでいます。

野菜調理実習実習風景

セロリと格闘中!!指を切らないように慎重に慎重に・・・。

人参の細切り

人参の細切りにも挑戦!素早く、均等にを意識してカット!カット!カ~ット!

西山先生による細切り

「こうやって何枚かを重ねて、視線は包丁の背に目を向けて・・・」と先生のアドバイスと華麗な包丁さばきを伝授。

野菜の摂取量

山路先生の実習では、現代人の野菜の摂取量などのデータも踏まえながら調理作業に取り組みました。

umami

野菜の旨味、野菜のお出汁を実際に味わってみる取り組みも行いました。

加熱の仕方による味わいや食感の違いをはじめ、驚きや新しい発見がどんどんと出てくるようです。

訓練では野菜だけでなく、今後、魚の調理実習や味付実習、献立作成実習などの科目も勉強していきます。
これから1ヵ月、学校から美味しいにおいが止まらないかもしれませんよ(*^_^*)

今日の聞き耳

50度洗いで、鮮度長持ち!?美味しさアップ!?

授業に聞き耳を立てて驚いたことを勝手に紹介していく、今日の聞き耳・・・・勝手にコーナー化しました。

皆さん、野菜の50度洗いって知ってますか?テレビなどで話題になったこともあるそうなのですが、野菜を50度ほどのぬるま湯で洗うと、鮮度がよみがえったり、日持ちが長くなったりするのだそうです。

ついついお湯で洗うと聞くと、クタクタに煮えちゃうんじゃないの?と思いますが、50度ほどのお湯だと、野菜が煮えてしまうことは無いんだそうです。

人間だったら、ヘロヘロになっちゃうのに不思議ですよね。

43度以下になると細菌の繁殖につながったり、洗った後は冷蔵庫で保管する等いくつかポイントがあるということなので、興味のある方は一度トライしてみてはいかがでしょうか?

小学生の自由研究にしてみても面白そうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

都城近隣のホテル一覧

関連記事

学校跡地活用女性起業家プロジェクト

曽於市移住・田舎暮らし体験プロジェクト曽於ぐらし

たからべ森の学校のホームページが受賞しました。

農業人材育成課

メディア紹介

公共職業訓練

求職者支援訓練

学校だより

視察見学レポート

校舎案内

曽於市財部北地域の情報

販売店

ページ上部へ戻る