トップページ > たからべ森の学校 > 「野外生活を体験」南日本新聞で紹介されました

「野外生活を体験」南日本新聞で紹介されました

力を合わせてシェルターをつくる高岡小学校の児童

曽於市末吉町の高岡小学校で19日、自然の中で暮らす技術「ブッシュクラフト」の体験教室があった。同士のたからべ森の学校の鈴木雅也さんが講師を務め、全児童9人にレジャー用のビニールシートを使ったシェルターづくりを指導した。

限られた道具で野外生活を楽しむブッシュクラフトは災害時に身を守る手段としても応用できる。鈴木さんは「遭難時に最も大切なのは体温の確保。」シート1枚のシェルターでも十分な保温効果が得られる」と説明、シートを張るためのひもの結び方などを教えた。

南日本新聞で紹介されました

たからべ森の学校では、小学生の体験講座として、修学旅行(50名以下)の受け入れなどで、ブッシュクラフト体験教室を提供することができます。お気軽にご相談ください。

トップへ戻る